ジェネリックってなんだろう?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、これまで有効性や安全性が実証されてきた新薬と同等と認められた低価格なお薬です。

※医薬品には、商品名の他に有効成分名を示す一般名(generic name)があります。一般名は、世界保健機関WHOに登録されている世界共通の名称です。欧米では後発医薬品の処方が一般名で行われることが多いため、日本でもジェネリック医薬品(generic name drug)と呼ぶようになりました。

お薬は、このように分類されています。

医薬品/一般用医薬品(OTC※)-医師の処方せんなしで店頭で購入できるお薬-薬局や薬店で販売されるお薬のことです。※OTC(Over The Counter)/医療用医薬品-病院やクリニックなどで医師から処方されるお薬/新薬(先発医薬品)-新規に開発され、発売されたお薬/ジェネリック医薬品(後発医薬品)-特許が切れてから別会社で発売されたお薬-新薬の特許期間が切れると、他メーカーも同じ成分のお薬を製造できるようになります。これが「ジェネリック医薬品」です。

新薬とジェネリック医薬品の同じところ、工夫できるところ

同じところ-有効成分・・・同一成分/同一含量*-治療効果・・・有効性・安全性/効能・効果*/用法用量*/使用上の注意* -* 一部、異なる場合があります。/違うところ-製剤・・・添加物(種類および量)/性状製剤(色や味、臭い、形、大きさ など)/剤形-例)内服薬............... 錠剤やカプセルなどの-剤形の違い-飲みやすさや味の違い-外用薬(貼り薬など)... 貼り心地や材質の違い-(薬価は、製剤ごとに異なります。)

ページのトップへ戻る