検索を閉じる

なるほど 摂食嚥下障害 監修:浜松市リハビリテーション病院 病院長 藤島一郎先生

嚥下(えんげ)体操(嚥下準備体操)

誤嚥は食べ始めのひと口目に起こりやすいので、食べる前に準備運動を行うと効果があります。顔や首の筋肉の緊張を解いたり、鍛えたりするのが目的です。
片麻痺の方の場合は、動かすことのできる片側だけでも効果があります。
※首に障害がある方は、首・肩の運動は医師の指導に従ってください。

1ゆっくりと深呼吸をします。

まず、口から息をゆっくりと吐き出してから鼻から吸い込みます。手をお腹にあてておき、吐くときはお腹がへこみ、吸うときはお腹が膨らむようにします(腹式呼吸)。
また、吐くときは口を少しすぼめてローソクを吹き消すようにするとよいと思います。
ゆっくりと深呼吸を数回ほど繰り返したら、次に移ります。

2普通に呼吸しながら、首をゆっくりと回します。

右へ1回、左へ1回まわしたら、左右に1回ずつ、ゆっくりと首を曲げます。

3肩の運動です。

ぎゅっと肩をすくめるように上げ、力をすっと抜いて肩を下へおろします。2 〜 3 回繰り返したら、肩を中心に両手をゆっくりまわします。

4上体を左右にゆっくり倒します。

5頬をふくらませたり、ひっこめたりします。(2〜3回)

6大きく口を開いて、舌を出したり、ひっこめたりし、左右にも動かします。(各2〜3回ずつ)

7「パパパ、ラララ、カカカ」または「パラカ」とゆっくりと発声します。

はじめはゆっくりと5〜6回繰り返し、次に早く5〜6回繰り返します。(発音する時の舌や唇の動きが、嚥下(えんげ)の動きと共通する部分が多いのです)

8口をすぼめて息を強く吸い、冷たい息が喉にあたるようにして喉の感覚をリフレッシュします。

9額に手を当てて抵抗を加え、おへそを覗き込むように強く下を向くようにします。

次の2つの方法で行ってください。

  • ゆっくり5つ数えながら持続(6〜7秒)して行ってください。
  • 1から5まで数を唱えながら、それに合わせて下を向くように力を入れてください。

食事の直前に行うと効果的でしょう。

10ゆっくりと深呼吸します。

はじめに行った深呼吸を行って終わりです。
ゴクンと唾液を飲んで、のどの動きを確かめてから、さあ食べましょう。

これらの運動は毎食前に忘れずに行うことをおすすめします。
これを参考に自分に合った方法を工夫して行ってみてください。

食べる前に準備運動!
嚥下体操の動画を見る
(浜松摂食嚥下研究会)