検索を閉じる

なるほど 摂食嚥下障害 監修:浜松市リハビリテーション病院 病院長 藤島一郎先生

上手な薬の飲み方・飲ませ方

経口投与の場合

錠剤の場合は、ゼリーの中に埋めて飲んでいただくと良いでしょう。食後よりも食事中の方が、咽頭や食道で止まってしまっても、続いて入ってくる食物におされながら胃まで運ばれるので安心です。

粉薬を直接口に入れると、口の中に広がり、むせることがあります。服薬ゼリーなどに混ぜて内服する方法があります。

錠剤を砕いたり、カプセルの中身を出したりして、食事に混ぜる場合もありますが、この方法は、食べ物の味が変わってしまったりして、かえって服薬や食事をいやがられてしまう場合があります。

また、薬を取り出すとき、片麻痺などの運動機能障害があって不自由なときはあらかじめ袋に少し切り込みを入れるだけでも、服薬しやすくなります。患者さんにあった方法を工夫しましょう。

経管投与の場合

錠剤を砕いたり、カプセルの中身を出したりせず、錠剤・カプセル剤をそのまま温湯に入れて崩壊・懸濁させる「簡易懸濁法」で投与する方法があります。

この方法は、倉田なおみ先生が報告された投与方法で、チューブが詰まらない、手間がかからないなど、多くのメリットがあります。重度の嚥下(えんげ)障害等で経管栄養をおこなっている患者さん以外にも応用でき、介護者の負担軽減やコンプライアンスの向上を図ることが可能です。一方で、薬剤によっては「簡易懸濁法」に適さないものもあり注意が必要となります。経管投与を行う際は、主治医または薬剤師の指導のもとで行って下さい。

〈参考〉
昭和大学薬学部HP:倉田なおみ先生「簡易懸濁法」
http://www10.showa-u.ac.jp/~biopharm/kurata/kendaku/index.html

適切な服薬方法

嚥下(えんげ)障害のない普通の方でも、薬の剤形によっては飲みづらい場合もあります。どんな方でも、薬の服薬には注意が必要です。

薬を飲ませた後に口腔内を確認すると、喉頭蓋谷(舌根部(ぜっこんぶ)と喉頭蓋(こうとうがい)の間にある窪み)や声帯の近くに薬が引っかかっていることがあります。嚥下(えんげ)障害の程度を考慮した剤形や適切な服薬方法が求められています。